正しい使い方と肌の手入れ方法


脱毛器を購入すれば、自宅で手軽に脱毛を行うことができますが、正しい使い方を行わなくては、肌トラブルの原因となってしまいます。

脱毛器は光を使い脱毛をしていきますので、熱を持ってしまったり痛みを感じることもあります。

また光だけでなく熱が漏れることでも起きてしまいますので、カートリッジと肌の距離にも注意してください。

使用している最中に痛いと感じるようであれば、出力を弱めるなどして調節するようにいたしましょう。

使用時間が長くなると負担も増えます。

時間が長ければ効果も高いという事ではありませんので、使用時間も短くするように心掛けてください。

またデリケートゾーンを行う場合には出力を弱くして使用するなど、脱毛を行う部分で光の出力を変えるように工夫してください。

顔などを行う際には唇などに当たらないように気を付けましょう。

脱毛機器は粘膜には使用できませんから、実際に家庭用脱毛機器で唇に当たってしまい、その後腫れてしまったという方もいますので注意してください。

また脱毛処理後の手入れも重要となります。

手入れ方法は必ずアイシングをするようにいたしましょう。

そしてその後はベビーパウダーなどを塗り保湿も怠らないようにしてください。

コメントは受け付けていません。